Artists

Nick Waplington


ニック・ワプリントンは、1991年、写真集"Living Room" で新世代の最も注目すべき写真家として鮮烈にデビューした。イギリスの労働者階級の家族に密着したドキュメンタリーは、まるでそこにカメラが存在しないかのごとくストレートで、リアルで、スピーディーだった。リチャード・アベドンが彼を高く評価し、ドキュメンタリーの王道を行くかと思いきや、観念的な作品や、政治的な作品、ファッション的な作品、と様々な領域に進出し、なんとも形容しがたい孤高の写真家となった。http://nickwaplington.co.uk